鉄道模型の上手な保管方法

鉄道模型は保管状態が良い方が高くで売れるってホント!?上手に保管をするにはどうすればよいのか? - 鉄道模型を保管するのに大事な工夫

鉄道模型を保管するのに大事な工夫

鉄道模型は飾り方や遊び方も大事ですが、それと同様に大事なのが収納の仕方ですね。
鉄道模型初心者によくありがちなのが、この収納時のトラブルで鉄道模型を破損してしまったりすることなので、収納や保管についてのトラブルと対策を紹介します。

鉄道模型の保管と収納トラブル

鉄道模型は、繊細で特に塗装なんかは衝撃にあまり強くありません。
なので、乱雑に収納をしようとして無理矢理に収納すると外観が変形してしまったり部品が破損、紛失してしまったり塗装がハゲてしまったり、スチロールの痕が着いてしまったりすることがあるんですね。
こういうことにならないようにするためには、気をつけて置かなくてはいけないポイントと言う物があります。
特に、鉄道模型初心者はせっかく買った新しい模型が台無しにならないようにするために覚えておいてください。

鉄道模型を購入したらやっておくこと

まず、大事なのは取り付け済みのパーツの強度確認ですね。
ピンセットなどで摘んで、軽く引っ張ってみてすぐに外れてしまわないかのチェック。
カプラーなどの付け替えと収納ケースの車両との接触確認と接触がキツい場合は削るようにしてパーツ接触などがしないように対策することです。
ほかにも、接触する際はシートや和紙などで直接接触しないようにするなどの対策が大事になってきます。

鉄道模型の保管に大事なこと

基本的に、一番大事なことは鉄道模型の外装に対して衝撃を与えないように工夫する事ですね。
特に、スチロール系のケースは外装と接触している状態だと収納したり出したりする時に擦れてしまって、摩擦で傷をつけてしまったりすることもあります。
自分で、収納状態をよくする、という工夫が大事なんです。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »

Copyright(C)2017鉄道模型の上手な保管方法All Rights Reserved.