鉄道模型の上手な保管方法

鉄道模型は保管状態が良い方が高くで売れるってホント!?上手に保管をするにはどうすればよいのか? - 鉄道模型を保管する際の気配り

鉄道模型を保管する際の気配り

鉄道模型は、一つ一つがそれなりに値段の張る物なのでおいそれと適当な保管をするわけにはいきません。
せっかく高いお金を出して買うのですから、その鉄道模型を長く良い状態を保ち続けられるように、保管方法についてもちゃんと気を配りましょう。

鉄道模型の箱に気をつけて

鉄道模型を購入した際には、専用の箱で購入することになりますが実はこれは長期保存に向いている構造にはなっていないんです。
一見すると、スポンジは発泡スチロールでしっかり保管を安全にできるように見えますが、実はこのまま長期保管するとスポンジや発泡スチロールは温度や湿度で変質して模型の塗装とくっつき出す時にベリっとはがれてしまうことがあるんですね。
こうなってしまうと、せっかくの外装が台無しになってしまうので、箱に長期間入れっぱなしにするのは避けた砲がいいでしょう。

高温多湿と埃には要注意

更に、外装だけではなく特に温度は非常に鉄道模型保管の大きな天敵です。
高熱になりやすい場所に保管してしまうと、熱で内蔵されている駆動モーターが傷んでしまったりして、走行するのに不備が出てしまう事があるんですね。
更に、湿気の多い場所ではカビなどの原因にもなったりしますので風通しのいい通気性に富んだ場所に保管するように気をつけた方がいいですね。

鉄道模型の保管アイテム

更に、環境に気をつけるだけではなくて環境を整えてあげる事も重要なんですね。
例えば、乾燥剤や防カビ剤、防腐剤などを入れるなどすることによって気温や湿気などの変化にもある程度対応する事が出来るようなグッズを一緒に買い揃えておくといいでしょう。
高価な収集品だからこそ、こういった細かな保管点についても気を配る必要があるのです。

関連する記事

  « 前の記事: を読む  

Copyright(C)2017鉄道模型の上手な保管方法All Rights Reserved.