鉄道模型の上手な保管方法

鉄道模型は保管状態が良い方が高くで売れるってホント!?上手に保管をするにはどうすればよいのか? - 鉄道模型の駆動系にも気を使おう

鉄道模型の駆動系にも気を使おう

鉄道模型は、飾って遊ぶという外観を楽しむだけではなくレイアウトなどに乗せて線路の上を走らせるという実際に遊ぶことも楽しむホビーです。
だから、言ってみれば精密機械の側面も持っているので外観は勿論その機能を保つためにも保管に気を遣う必要があります。

機能を保管するために気をつける事

鉄道模型は、普段遊ぶ時はレイアウトに乗せることになりますが遊ばない時は保管するためのスペースに移動させますね。
特に、鉄道模型を見る事自体が好きな人は遊ぶ時以外も見る事が出来るようにガラケースなどに収納していることが多いですね。
これ自体は特に問題はないのですが、ガラスケースに収納する際には遮光カーテンなどを用意しておくことが大事です。
日光に当て続けると、日やけで塗装が色あせをしてしまうこともありますし熱を持つとモーター部分が傷んで正常な走行ができなくなってしまうことがあります。

埃の入り込みについても気をつけて

そして、鉄道模型の駆動系の一番の敵は何と言っても埃ですね。
埃が中に入りこんでしまって、電気モーターに詰まってしまうと正常に作動しなくなってしまうことがあるんです。
だから、保管ケースの中に保管している時なども定期的に掃除をする事で埃が中に蓄積しないように気をつけてあげないと、いざ遊ぼうとした時に動かないということになってしまうんです。

長く入れっぱなしにしないこと

基本的に、鉄道模型というのは大事にしようとする余りずっと保管ケースの中などに入れっぱなしにしているとかえってダメにしてしまうことが多い物なのです。
メンテナンスなどを定期的に行うという意味でも定期的に外に出す事は大事ですし、何よりこういう物は走らせてなんぼですからね。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »

Copyright(C)2017鉄道模型の上手な保管方法All Rights Reserved.