鉄道模型の上手な保管方法

鉄道模型は保管状態が良い方が高くで売れるってホント!?上手に保管をするにはどうすればよいのか? - 鉄道模型を保管するためのグッズ

鉄道模型を保管するためのグッズ

鉄道模型は、外観の塗装なども大事ですが中身の駆動系や電気系も非常に重要ですね。
なので、鉄道模型はその見た目や機能をしっかりと保管するために鉄道模型と一緒に保管用のグッズなども買い揃えておくと、より長く楽しめるでしょう。

保管性にこだわったグッズ

特に、保存状態を長くキープするのには保管用のグッズなども鉄道模型と一緒に揃えておくといいでしょう。
大事なのは特に、購入時の箱をそのまま使わないように保管用の専用ケースは必ず用意しておくといいでしょう。
購入時の箱は、長期保存をするのに向いていないのでしっかりと保存出来るような保管ケースがあった方がいいです。
保管ケースは、その鉄道模型の形にぴったりとおさまるようなブロック状のスポンジの物はスポンジの経年劣化もあまりないので、安心して保管する事が出来るようになっています。

飾って楽しめる保管ケース

もう一つ、保管しながら飾って楽しめるというようなグッズもおすすめですね。
こちらは、ガラスケースの中にレール型のスタンドのような物があったりして飾って立てるし保管をすることが出来るというとても便利なアイテムになっているんです。
こちらは、蓋をしてあげるタイプの物ならば埃が入り込まないように保存することができます。
ただ、ショーケースタイプの物は日光に弱いので陽のあたる場所で保管はしないようにしましょう。

自作の保管グッズもあり

ほかにも、例えば籠を専用のウレタンなどで区切るようにして車両をまとめて保管することが出来るようなケースを自作するのもいいですね。
しっかりと収まるようにする事が出来るのならば、自作ケースでも全然保存性としては問題ありませんので、器用な人はこちらもおすすめです。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »

Copyright(C)2017鉄道模型の上手な保管方法All Rights Reserved.